2006年03月27日

富士に誓う 少年戦車兵訓練の記録

富士に誓う 少年戦車兵訓練の記録が届いたので、早速見ました。

陸軍機甲本部監修。15歳~18歳の陸軍少年戦車兵たちが、成長していく過程ちを記録した作品です。
古い作品で、フィルムのキズなどありますが、大変貴重な映像資料だと思います。

というわけで、気になったところをいくつか。

少年兵たち。最初はもちろん戦車には乗せてもらえません。
そこで、かわりにトラックで運転訓練を行なっています。不勉強なので、トラックの名前が分かりませんが、当然軍用トラックです。

いよいよ戦車の操縦訓練。狭い九七式中戦車(チハ車)の車内にカメラが入り込んでします。
意外なことに、戦車の発動機はスムーズに指導します。走り始める時の音は、バスのようです。

この訓練用のチハ車。主砲、および機関銃は装備していません。
なので、主砲がついていない隙間から、外を見ていますw

砲撃訓練は、レールの上に櫓をくんで、そこに主砲(もどき?)を乗せたものを、移動させながら行なっています。もちろん、実弾射撃はしていません。

正月休みは、12月29日~1月3日まで。
大掃除で、訓練用チハ車も掃除します。なんと、履帯を雑巾で磨いています。
きれいになったら、砲塔にしめ縄。

2年間の訓練も、いよいよ終わり。最後は、北軍と南軍に分かれた大演習。
チハ車がたくさん出てきます。

このシリーズ、12巻以上発売されているようなので、少しずつ集めていこうかと思います。

(2006/3/24)

投稿者 italo : 12:31 | コメント (0)

2006年01月23日

今日もわれ大空にあり

【今日もわれ大空にあり】 昭和39年 東宝 1時間34分

航空自衛隊の協力によって作られた、すばらしい映画です。
ストーリーは、F-86のパイロットがF-104目指して厳しい訓練をつみながら、パイロットとして成長してゆく、という感じです。

当然ながらF-86セイバーが飛びまくっていて、全編目が離せません。
もちろん、F-104も登場します。

時代的に、F-86もF-104も銀ピカの無塗装。
やっぱり、これが一番似合いますね。

残念ながら、DVDは未発売。

詳しいストーリーは、こちらからどうぞ。

今日もわれ大空にあり


(2006/1/21)



投稿者 italo : 10:47 | コメント (2)

2006年01月19日

太平洋の翼(三四三航空隊の映画です)

【太平洋の翼】 昭和38年 東宝 1時間41分

紫電改で有名な、松山の三四三航空隊(剣部隊)の映画。

CGがある今と違って、空戦シーンは模型を使ったものですが、
機動や墜落シーンなど、なかなかうまい動きを見せるときがあって、
どうやって操演してるのか気になります。

搭乗シーンなどでは、実物大の紫電改を作っていて(少なくとも4機はあった)
そういう意味でも、気合を感じました。

各戦闘隊長の最後は、事実とは違って映画的演出になっていますが、
一度は見てもいいんじゃないかな~と思う。

投稿者 italo : 11:18 | コメント (0)

2006年01月18日

アロー(アヴロ・アローに関する映画)

AVRO ARROW.jpg

THE ARROW】(邦題:アロー)

昨日は、アヴロ・アローの開発を扱った映画を見ました。
史実を基に、映画なりの脚色が入っているようです。

実は、アヴロ・アロー CF-105のことは、模型で知りました。
去年だったか(?)、ホビークラフトの製品を模型屋で見つけ、
その白い三角形の機体の美しさに、つい買ってしまいました。
この映画によると、どうやらアローは実機が残っていないようで残念です。

さて映画ですが、実機が残っていない(らしい)アローの実物大を作るなど、
なかなか気合が感じられます。
初飛行時の映像は、実物なのでしょうか?

ストーリーは、カナダ国内でマック2(マッハ2)の戦闘・迎撃機を作ろうという、
技術者たちの挑戦を軸に進んで行き、思わず引き込まれていきます。

その展開の中で、当時の航空機開発のやり方、
風洞実験シーンや、モデルを使った飛行試験シーンなどが見られ興味深いです。

今回のものは、以前群馬TVで放送された物を知人から借りたのですが、
CF入りの短縮版なので、いつかDVD化されることを願ってやみません。

投稿者 italo : 10:11 | コメント (0)

2006年01月17日

鳥たちのバラード

↓に続けて、【鳥たちのバラード】という作品を見ました。

昭和51年・空幕広報製作・ 26分

これは航空自衛隊広報が作成したもので、一般に公開された作品ではないようです。
今回知人を通し、ブルーインパルス初代ソロ担当、村田博生氏からお借りしたものを拝見しました。
ちなみに空撮の一部を、氏が担当されています。

残念ながら画質がとても悪いのですが、昭和50年から引渡しが開始されたばかりの【T-2】が写っていて、その初期塗装とあいまって貴重な映像なんだと思います。

もちろん【F-4】も登場していて、スクランブル発進の一連のシーンは見ものです。

ぜひぜひ航空自衛隊は、こういう映像をレストアして、DVDで発売してほしいです。

投稿者 italo : 10:11 | コメント (0)

ジェットF104脱出せよ

ジェットF104脱出せよ】という作品を見ました。

大映・昭和43年作品・1時間28分

ダビングされた物なので、画質がすごーく悪かったのですが、
登場する航空自衛隊の飛行機が、カッコイイったらありません。

空撮は、ブルーインパルス初代ソロを担当された、村田博生氏が担当されています。
劇中にも少し登場されている。(本人弁)

映画を見て、改めてT-1の美しさに気が付きました。
やはり国産の機体だけあって、ボディーラインが違います。

それから、F-86の機銃音にしびれ、F-104の「ヒューン」という独特のエンジン音にホレボレしました。
ラストには、F-104のスクランブル発進シーンがあり、これがもう絶品です。

DVD化されたら絶対購入したいところだ。

ストーリーや、出演者などのデータは、こちらで確認してください。

投稿者 italo : 09:56 | コメント (0)

2006年01月16日

戦争映画

少し前のことですが、スカイエースを見ました。

WW1のイギリス航空隊を部隊とした映画ですが、
実機(レプリカ??)が飛び回っていてワクワクします。

AFVモデラーにとっては、登場するトラックや、
泥の中、砲を手で押している砲兵隊、
フランス軍野戦病院なんかが興味深いと思います。


13日の夜は、ツェンダップを作ろうと思いながら、
633爆撃隊を見始めてしまいました。

ブンブンと飛びまくる、モスキートがかっこいいです。
いきなり模型が欲しくてたまりません。

クライマックスの攻撃シーンは、
STAR WARS エピソード4のデス・スター攻撃の元ネタです。



投稿者 italo : 10:35 | コメント (0)