« 戦争映画 | メイン | 鳥たちのバラード »

2006年01月17日

ジェットF104脱出せよ

ジェットF104脱出せよ】という作品を見ました。

大映・昭和43年作品・1時間28分

ダビングされた物なので、画質がすごーく悪かったのですが、
登場する航空自衛隊の飛行機が、カッコイイったらありません。

空撮は、ブルーインパルス初代ソロを担当された、村田博生氏が担当されています。
劇中にも少し登場されている。(本人弁)

映画を見て、改めてT-1の美しさに気が付きました。
やはり国産の機体だけあって、ボディーラインが違います。

それから、F-86の機銃音にしびれ、F-104の「ヒューン」という独特のエンジン音にホレボレしました。
ラストには、F-104のスクランブル発進シーンがあり、これがもう絶品です。

DVD化されたら絶対購入したいところだ。

ストーリーや、出演者などのデータは、こちらで確認してください。

投稿者 italo : 2006年01月17日 09:56

コメント

コメントしてください




保存しますか?